2013年6月アーカイブ

肌のたるみの原因

| トラックバック(0)

たるみが肌にあらわれるのは、一体どうしてでしょう。肌のたるみは、年齢を重ねると段々とわかるようになります。肌がたるみ出すと表情の印象が暗くなり、老けた感じになってしまいます。たるみは何が原因で現れてくるのでしょうか。加齢と共にまぶたがたるみ、目の印象が変わります。目の印象が変わると、顔全体が年を取って見えます。脂肪の減少も、まぶたのたるみの原因のひとつです。下まぶたの脂肪を支えていた筋膜がゆるむことによって目の下のたるみも起こってきます。たるみは顔の様々な部分にできますが、ほうれい線にできるたるみは、周辺の口の脂肪が失われていることや、筋肉が皮膚を支えきれなくなるためです。顔の筋肉が弱くなり、脂肪を支えきれなくなると、顎全体のシャープさが失われます。年齢による変化がてきめんに出る部位として、首の皮膚があります。ケアをしているかどうかで開きは出ます。皮膚の伸び縮みが激しい部分なので、たるみやすいといえるでしょう。肌のたるみは、肌を支えている物質が減り、肌自身の重みで下へ落ち込んでいくことにより起こります。肌にたるみが出来る原因に、コラーゲンやエラスチンが皮膚から失われていくこともあります。若いうちは豊富にある物質ですが、老化や女性ホルモンの減少によって、コラーゲンも減り、コラーゲンを繋ぎ止めているエラスチンももろくなってしまいます。若い頃は常に存在していたヒアルロン酸や皮下脂肪は、年を取ると徐々に少なくなっていき、皮膚のかさが減ってたるみが目立つようになります。肌の弾力や保湿性など本来の機能が低下するために、肌のたるみが目立つようになってしまいます。

お肌のたるみにホワイトニングリフトケアジェル

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。